ナゾ014

古代魚の歯形


教室
古代の地層から化石が発見された。
調査の結果、古代魚が何かにかみつき、歯形ができたものだと判明した。
この歯形は、3種類の古代魚のうちいずれか1種のものと特定されたのだが、一体どの古代魚だろう?

ヒント1
ヒント2
ヒント3
スペシャルヒント
回答













ヒント1
まず目に付くのは、歯形の個数だ。
合計6つで左右対称になっている。
歯形を横から見た場合、歯は3つずつ見えることになるね。
この並びになっているのが前提だ。
▲上に戻る














ヒント2
古代魚を見比べてみよう。
どれも3つずつ並ぶ歯を持っているが、Cの歯だけは、あまりとがっていないね。
しかし、この歯型と一致するかどうか断言できるほどの違いではないかも…。
他にはっきりとした違いはない?
歯が生えている位置なんてどうかな?
▲上に戻る














ヒント3
歯型の化石をもう一度よく見てみよう。
「かみついてできた歯型」なのに、下の部分には歯型がついていないね。
どんな歯の並びをしていたら、こんな形に歯型がつくんだろう?
▲上に戻る














スペシャルヒント
歯がびっしりと生えているなら、かみついたときにこんな隙間ができるはずがない。
奥歯がない古代魚だったに違いないよ。
▲上に戻る














回答
答えは「A」だ。
▲上に戻る

ナゾ一覧
奇跡の仮面攻略
(C)ゲーム攻略 ゲームの匠